お正月は美味しいものをたくさん食べる機会が多く、普段忙しい方もゆっくり過ごせるという1年の中でも貴重な時ですよね。けれどもついつい食べ過ぎてしまい、うっかり正月太りしてしまったなんてことも良くある話です。1年のスタートとなるお正月だから、正月太りは何としても避けたいものです。そこで、正月太りはなぜ起こるのか、そして正月太りを予防、解消する方法についてご紹介します。

季節ごと肥満の悩み

今から予防しよう!正月太りの原因と対策

更新日:

食べる機会の多いお正月

食べる機会の多いお正月

お正月は美味しいものをたくさん食べる機会が多く、普段忙しい方もゆっくり過ごせるという1年の中でも貴重な時ですよね。

けれどもついつい食べ過ぎてしまい、うっかり正月太りしてしまったなんてことも良くある話です。

1年のスタートとなるお正月だから、正月太りは何としても避けたいものです。

そこで、正月太りの原因と、正月太りを予防、解消する方法についてご紹介します。

「正月太り」はなぜ起こるのか

「正月太り」といってもその原因は様々です。1つの原因だけでなく、いくつかの原因が重なることで正月太りは引き起こされます。

正月の飲み食いや運動不足で太ること。

正月太りとは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

食べる機会が多い

正月太りはなぜ起こるのでしょうか?

その原因として真っ先に上げられるのが、「食べる機会が多い」ということです。

おせち料理

おせち料理

お正月の代表的な食べ物というとおせち料理がありますよね。

おせち料理は色とりどりの食材が使われていて、見た目だけでなく味も楽しめるのでついついお箸が止まらなくなってしまいます。

そしてもう一つお正月の定番というとお餅です。

切り餅2個でご飯約1杯分と同じカロリーがあるお餅ですが、おしるこ、お雑煮、きなこ餅、磯部焼きなど味も色々楽しめるからついつい食べ過ぎてしまいます。

他にもお正月には普段食べないご馳走を食べる機会が多くなります。

このようにお正月は短期間に食べる機会が格段に増えるので、体重も増えてしまうのです。

飲む機会も多い

お正月というと「食べる機会」とともに増えるのが「飲む機会」です。

飲む機会も多い

飲む機会も多い

普段は朝からお酒を飲むなんてことは滅多にないことですが、お正月だけはそれが許される時。

元旦はおせち料理を食べながら朝からお酒を飲むという方も多いのではないでしょうか。

また、お正月は親戚など普段会えない方と会う機会も多くなります。こうした場につきものなのがお酒です。お正月気分も手伝い、ついつい飲みすぎてしまいますよね。

お酒自体はそれ程高カロリーではありませんが、お酒を飲むことで食欲が増し、食べ過ぎにつながってしまいます。

また、お酒を飲むと体はアルコールの分解を全力で行うので、脂肪の燃焼を後回しにしてしまいます。そのため正月太りにもつながるのです。

寒いから運動もしたくない

寒くて外に出たくない

寒くて外に出たくない

お正月は1年の中でもとても寒い季節です。

お住まいの地域によっては雪が積もっているというところもあるでしょう。寒い外に比べ、温かい室内は快適です。

寒いから運動もしたくないと家の中にいると、動く量が大幅に減り、結果運動不足になります。

お正月で食べすぎ、飲みすぎてカロリー摂取が多くなっているのに、運動までしないとなると、間違いなく正月太りとなってしまうでしょう。

「正月太り」を防ぐためにできることは

一度太ってしまうと、痩せるのは大変です。そのためにも正月太りをしないように注意をすることが大切です。

食べ過ぎないように気をつける

正月太りを防ぐ方法として「食べ過ぎない」というのが最も効果的です。おせちやお餅など美味しいものが多いお正月、食べ過ぎを防ぐというのは一見難しそうですよね。

しかしいくつかの事を注意すれば、食べ過ぎも防ぐことができます。

食べ過ぎを防ぐ方法として効果的なのが「よく噛む」ことです。軟らかいものばかりを食べるとついつい食べるスピードも上がり、食べ過ぎてしまいます。

咀嚼は食べ過ぎを防ぐのにとても効果があります。例えばお節の中でもごぼうや田作りなど、咀嚼を必要とするものを中心によく噛んで食べると、食べ過ぎを防げます。

もう一つ気をつけたいのが糖分です。おせちには砂糖などで甘く味付けをしたものがたくさん使われています。

またお餅も、きなこやあんこなどには砂糖がたっぷり使われています。「全く食べない」となると少し寂しいので、「一口だけ」のように意識して食べるだけでも糖分の摂取を大幅に減らすことができます。

・食べてしまう時にサプリを活用

「ついつい食べてしまう」そんな食べ過ぎを防ぐために、サプリメントを使用するというのも一つの対処法です。

今は様々なダイエットサプリメントがあります。

食べる前または食べた後に飲むことで、食べ過ぎを防ぐもの、カロリーの吸収を抑えるもの、脂肪の蓄積を抑えるものなどがあります。こうしたサプリメントに頼るのも一つの方法です。

ただしサプリメントを活用しても、暴飲暴食、運動不足を続けていては効果も期待できません。食べ過ぎに注意しながらサプリメントを使うことでより高い効果を感じることができるのです。

「正月太り」はこう解消しよう!

それでも「正月太りをしてしまった」という時は、以下のような解消方法があります。

正月太りを解消して、スッキリした体作りを目指しましょう。

・有酸素運動

ダイエットに有効なものとして上げられるのが有酸素運動です。

ウォーキング、エアロビクス、スイミングなどが有酸素運動として有名です。

有酸素運動は体の中に酸素を取り込み、体脂肪を燃焼するためダイエット効果が高いといわれていますが、すぐに効果を感じるものではありません。

少なくとも2週間は続けないと効果が表れてきません。

また、慣れるまでは長時間続けるのは難しいので10分程度でもかまいませんが、慣れてきたら最低でも20分以上続けることでより体脂肪を燃焼させる効果があります。

とはいえ、有酸素運動で大切なのは毎日継続することです。長時間有酸素運動をするよりも、短くても毎日継続することが体脂肪の燃焼につながります。

・筋トレ

ウォーキングやエアロビクスなどが有酸素運動なのに対し、筋トレは無酸素運動です。無酸素運動は短時間で大きな負荷のかかる運動です。

ダイエットには有酸素運動の方が効果的であると思われがちですが、筋トレなどの無酸素運動もダイエットには欠かすことができません。

無酸素運動をすることで、筋肉量が増えると基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がることで消費エネルギーも増えるから、太りにくい体作りができるのです。

・痩身エステ

自分でダイエットを行ってもなかなか痩せることができないという時、痩身エステに頼るのも一つの方法です。

自己流ダイエットは体重を落とすことはできても、「足がなかなか細くならない」「胸まで痩せてしまった」ということもありますが、痩身エステならメリハリのあるボディが作れます。

また痩身エステと有酸素運動、筋トレなどを組み合わせるとよりダイエット効果もアップします。

半年で驚きの効果!すぐに痩せると評判の痩身エステおすすめランキング

正月太りを解消し、1年の良いスタートを切ろう

1年のうち最も寒い季節でもあるお正月は運動量も減り、食べる量も増えることからどうしても正月太りをしやすくなります。

一度太ってしまうとその後が大変なので、正月太りをしないように注意するようにしましょう。

また、万が一正月太りをしてしまったとしてもそれを良い機会だと思い、ダイエットをして正月太りを解消して、さらにメリハリのある体作りをしましょう。

しっかり正月太り対策をして、1年の良いスタートを切りましょうね。

-季節ごと肥満の悩み

Copyright© ダイエットサプリおすすめランキング|最も痩せるサプリメントはどれ? , 2018 All Rights Reserved.